生活保護は水道代を減免して無料になるって本当?手続き方法を語る

生活保護は水道代を減免して無料にできる

生活保護ってみなさんが思うよりも大変です。

節約しないといけませんし、余分なお金もありません。もちろん一部で余分なお金がある人もいるでしょうが、大抵は余裕はないでしょう。

あとちょっとどこかを削減できれば、余裕が出るのになーっと思った人もいるはず。

そんな人に朗報です。水道代を減免することができます。

水道代を減免すると無料になるとも言われていますが、手続き方法はどうやるのか、なども含めてお話をします。

生活保護は水道代を減免、無料にできるのか

生活保護は水道代を減免することができるのか?

結論からお話をすると、水道代を減免することが可能です。

この件に関しては、担当のケースワーカーや福祉事務局の方に言われるはずです。

減免をすることができることはわかっていますが、無料にできるかは不明です。

減免とは言っても全額がどうかは時代によって変わるでしょう。

2019年現在では、減免=無料が多いですが、その点は担当ケースワーカーさんに確認をしてください。

生活保護が水道代を減免する手続きの方法

生活保護が水道代を減免する手続きの方法の手順はこちら

手順
  1. 担当ケースワーカーの元へ行く
  2. 水道代減免について聞く
  3. 水道代減免書類を署名・捺印する
  4. 書類を自分の住んでいる地区の水道局へ持っていく

と言う流れになります。

担当ケースワーカーの元へ行き、質問をすると流れを詳しく丁寧に教えてもらえるので特別問題はないはずです。

署名と捺印が必要なので、質問をしにいく時には印鑑を忘れないようにしましょう。

その後書類を書いても、完結ではなく、自律神経失調症などと同様に、担当局へ持っていかなければ効力を発揮しません。

この場合でいうと、水道局が管轄になります。

水道局へ行き、書類を届けた時点で減免(無料)になりますので、まだ減免していない人がいるのであれば、早めに行いましょう。

3000円くらいが減免となるはずです。

まとめ

水道代が減免になるという点と、手続きの方法についてでした。

ケースワーカーさんに一言申し出ればこの件に関しては、問題なくことが進むはずですので、

聞いてみてください。

純粋に聞かないと損しかありませんので、しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です